【文法】イタリア語の「are」動詞

are 動詞

動詞には3種類の規則動詞( are動詞、ere動詞、ire動詞)と不規則動詞があります。次のように語尾がareで終わる動詞をare(アーレ)動詞と言います。

lavorare ラヴォらーれ 働く
abitare アビターれ 住む
parlare パるラーれ 話す
studiare ストゥディアーれ 勉強する
mangiare マンジャーれ 食べる
動詞は主語によって6通りの活用形があります。
活用形は語尾の“are”を“-o , -i , -a , -iamo , -ate , -ano”に置き換えて作ります。
活用形ではアクセントの位置が異なるので、気をつけましょう。

are 動詞の活用形

lavorare abitare parlare studiare mangiare
io lavoro
ラヴォーろ abito
アビト parlo
パるロ studio
ストゥーディオ mangio
マンジョ
tu lavori
ラヴォーり abiti
アビティ parli
パるリ studi
ストゥーディ mangi
マンジ
lei/lui/Lei lavora
ラヴォーら abita
アビタ parla
パるラ studia
ストゥーディア mangia
マンジャ
noi lavoriamo
ラヴォりアーモ abitiamo
アビティアーモ parliamo
パるリアーモ studiamo
ストゥディアーモ mangiamo
マンジアーモ
voi lavorate
ラヴォらーテ abitate
アビターテ parlate
パるラーテ studiate
ストゥディアーテ mangiate
マンジャーテ
loro lavorano
ラヴォーらノ abitano
アビタノ parlano
パるラノ studiano
ストゥーディアノ mangiano
マンジャノ
※ studiareのtuの活用形は studii ではなく studi
mangiareのtuの活用形は mangii ではなく mangi
“ i ”をダブらせないように!

例文

Lavoro in un negozio.     私はみやげ物店で働いています。
Dove abiti in Giappone?     君は日本のどこに住んでるの?
Abito a Nagoya.     私は名古屋に住んでいます。
Taro parla italiano un po’.     太郎はイタリア語を少し話せます。
Studiamo l’arte.     私たちは美術を勉強しています。
Mangiate i tortellini stasera?     あなたたちは今晩トルテッリーニを食べますか?

negozio ネゴーツィオ みやげ物店
un po’ (= un poco) ウンポ 少し
arte アるテ 美術
tortellini トるテッリーニ トルテッリーニ
stasera スタセーら 今晩
「~に住んでいる」 は、(abitare in + 国名) (abitare a + 都市名)
前置詞 の in と a を使いわけてください。
(トリテッリーニ・・・ひき肉を詰めたパスタ)

ere 動詞

動詞には3種類の規則動詞( are動詞、ere動詞、ire動詞)と不規則動詞があります。次のように語尾がereで終わる動詞をere(エーレ)動詞と言います。

vedere ヴェデーれ 見る・会う
prendere プれンデれ 取る・飲む・食べる・着る
leggere レッジェれ 読む
ricevere リチェーヴェれ 受け取る
scrivere スクりーヴェれ 書く・記入する

動詞は主語によって6通りの活用形があります。
活用形は語尾の“ere”を“-o , -i , -e , -iamo , -ete , -ono”に置き換えて作ります。
活用形ではアクセントの位置が異なるので、気をつけましょう。

ere動詞の活用形

vedere prendere leggere ricevere scrivere
io vedo
ヴェード prendo
プれンド leggo
レッゴ ricevo
りチェーヴォ scrivo
スクりーヴォ
tu vedi
ヴェーディ prendi
プれンディ leggi
レッジ ricevi
りチェーヴィ scrivi
スクりーヴィ
lui/lei/Lei vede
ヴェーデ prende
プれンデ legge
レッジェ riceve
りチェーヴェ scrive
スクりーヴェ
noi vediamo
ヴェデアーモ prendiamo
プれンディアーモ leggiamo
レッジャーモ riceviamo
りチェヴィアーモ scriviamo
スクりヴィアーモ
voi vedete
ヴェデーテ prendete
プれンデーテ leggete
レッジェーテ ricevete
りチェヴェーテ scrivete
スクりヴェーテ
loro vedono
ヴェードノ prendono
プれンドノ leggono
レッゴノ ricevono
りチェーヴォノ scrivono
スクりーヴォノ
※leggereのio活用形はleggo(れッゴ)です。れっジョ と言わないように!

例文

Stasera vedo un film.     今晩私は映画を見ます。
Prendiamo una bottiglia di vino rosso.     私達は赤ワインを飲みます。
Leggo molti libri italiani.     私はたんさんイタリア語の本を読みます。
Ricevi un pacco da Taro?     君は太郎から小包を受け取った?
Lo studente scrive un articolo su Michelangelo.     その生徒はミケランジェロについての
論文を書きます。

film フィルム (男性名詞)映画 複数形もfilm
bottiglia ボッティリア 酒びん
molto モルト たくさんの、多くの
pacco パッコ 小包、包み 複数形pacchi(パッキ)
da ダ (前置詞)~から
articolo アるティーコロ 論文、記事
su ス (前置詞)~について、~に関して

ire 動詞

動詞には3種類の規則動詞( are動詞、ere動詞、ire動詞)と不規則動詞があります。次のように語尾がireで終わる動詞をire(イーレ)動詞と言います。

aprire アプりーれ 開く、開ける
partire パルティーれ 出発する
seguire セグイーれ ついて行く、通う
sentire センティーれ 聞く
dormire ドるミーれ 眠る

動詞は主語によって6通りの活用形があります。
活用形は語尾の“ire”を“-o , -i , -e , -iamo , -ite , -ono”に置き換えて作ります。
活用形ではアクセントの位置が異なるので、気をつけましょう。

aprire partire seguire sentire dormire
io apro
アプろ parto
パるト seguo
セグオ sento
セント dormo
ドるモ
tu apri
アプり parti
パるティ segui
セグイ senti
センティ dormi
ドるミ
lui/lei/Lei apre
アプれ parte
パるテ segue
セグエ sente
センテ dorme
ドるメ
noi apriamo
アプりアーモ partiamo
パるティアーモ seguiamo
セグイアーモ sentiamo
センティアーモ dormiamo
ドるミアーモ
voi aprite
アプりーテ partite
パるティーテ seguite
セグイーテ sentite
センティーテ dormite
ドるミーテ
loro aprono
アプろノ partono
パるトノ seguono
セグオノ sentono
セントノ dormono
ドるモノ

例文

Io apro questa porta.     私がこの扉を開けます。
Partiamo per Napoli questo sabato.     私達はこの土曜日にナポリへ発ちます。
Seguono il corso per principianti.     彼らは初心者コースに通っています。
Sentite freddo?     あなたたち、寒いですか?
Non dormi bene la notte?     君は夜よく眠れないの?
普通は主語代名詞を省略しますが、Io apro ・・・ のように、主語を強調したい時はあえて言います。

porta ポるタ 戸・扉・ドア
sabato サバト 土曜日
corso コるソ 講座・コース
principiante プりンチピアンテ 初心者
freddo フれッド 寒い・冷たい
bene ベーネ よく・たくさん

ire 動詞isc型

語尾がireで終わる動詞をire動詞といいますが、ire動詞には2種類の活用形があります。

capire カピーれ 理解する・わかる
finire フィニーれ 終える
pulire プリーれ 掃除する
spendire スペンディーれ 送る

活用形は語尾の“ire”を“-isco , -isci , -isce , -iamo , -ite , -iscono”に置き換えて作ります。
活用形ではアクセントの位置が異なるので、気をつけましょう。

capire finire pulire spendire
io capisco
カピスコ finisco
フィニスコ pulisco
プリスコ spendisco
スペンディスコ
tu capisci
カピーシ finisci
フィニーシ pulisci
プリシ spendisci
スペンディシ
lui/lei/Lei capisce
カピーシェ finisce
フィニーシェ pulisce
プリシェ spendisce
スペンディシェ
noi capiamo
カピアーモ finiamo
フィニアーモ puliamo
プリアーモ spendiamo
スペンディアーモ
voi capite
カピーテ finite
フィニーテ pulite
プリーテ spendite
スペンディーテ
loro capiscono
カピスコノ finiscono
フィニスコノ puliscono
プリスコノ spendiscono
スペンディスコノ

<例文>
Capisco un po’ l’italiano.     私はイタリア語が少しわかります。
Finisci di leggere questa rivista?     この雑誌を読み終わるの?
Puliscono bene la loro camera.     彼らは自分達の部屋をきちんと掃除する。
Spendisco questo pacco in Giappone.     私はこの小包を日本へ送ります。

leggere レッジェレ 読む
finire di + 不定詞   ~する事を終える
rivista リヴィスタ 雑誌
loro ローろ 彼らの
(不定詞とは動詞の原形のこと。)

前置詞と定冠詞

前置詞と定冠詞はひっついて結合形を作ります。

<前置詞>
a ア ~に、~へ to, at
di ディ ~の of
da ダ ~から from
in イン ~中に in
su ス ~上に on
con コン ~とともに with

<前置詞+定冠詞>
数 単数 複数
性 男性 女性 男性 女性
il l’ lo la l’ i gli le
a al all’ allo alla all’ ai agli alle
di del dell’ dello della dell’ dei degli delle
da dal dall’ dallo dalla dall’ dai dagli dalle
in nel nell’ nello nella nell’ nei negli nelle
su sul sull’ sullo sulla sull’ sui sugli sulle
con col coll’ con lo con la con l’ con i con gli con le

不規則動詞

次の動詞はいろんな場面でよく使われます。そして、そんな大切な動詞に限って不規則な活用をすることが多いのです。ですから、活用形を覚えるのが面倒だ~といって後回しには決してできません。

avere アヴェーれ 持つ、身につける、所有する、取る
stare スターれ ~の状態にある、いる、住む、属する
dire ディーれ 言う、話す、呼ぶ、考える、意見を持つ
fare ファーれ する、行う
andare アンダーれ 行く

avere stare dire fare andare
io ho
オ sto
スト dico
ディーコ faccio
ファッチョ vado
ヴァード
tu hai
アイ sta
スタ dici
ディーチ fai
ファイ vai
ヴァーイ
lui/lei/Lei ha
ア stai
スタイ dice
ディーチェ fa
ファ va
ヴァ
noi abbiamo
アッビアーモ stiamo
スティアーモ diciamo
ディチャーモ facciamo
ファッチャーモ andiamo
アンディアーモ
voi avete
アヴェーテ state
スターテ dite
ディーテ fate
ファーテ andate
アンダーテ
loro hanno
アンノ stanno
スタンノ dicono
ディーコノ fanno
ファンノ vanno
ヴァンノ

例文
Avete una camera libera?   空いている部屋はありますか?
Ciao! Come stai?   やぁ!調子はどう?
Andiamo in treno. Che ne dici?   列車で行きましょうよ。どう思う?
Che cosa facciamo stasera?   今晩どうする?
Andiamo al cinema.   映画に行きましょう。

come コメ   どういう風に、どのように
ne ネ   (代名詞)これについて、それについて
che cosa ケコザ   何が、何を
cinema チネマ   映画 (注) a で終わるが男性名詞
al アル   前置詞 a +定冠詞 il (25.参照)

イタリア語で「何才ですか?」

このフレーズは、女性に対して使わないように!例えば、旅行中にかわいい子供がいたら、「年はいくつ?」と聞くのはOKでしょう。

Quanti anni hai?
クアンティ アンニ アイ?
君、年はいくつ?
quanto は、「どのくらいの、いくつの」という数・量の疑問詞。
anni は anno(年)の複数形。
つまり、いくつの年を持っていますか?→何才ですか?となります。
目上の人にたずねる場合 Lei を使った言い方は、Quanti anni ha? です。

Ho cinque anni.
オ チンクエ アンニ
5才です。

< 例文 >
Quanti anni ha quel ragazzo?   あの少年は何才ですか?
Ha quindici anni come me.   彼は私と同じ15才です。
come me (私と同じように)この場合の come は、「~と同様に」と言う意味。

職業は何ですか?

Che cosa fa? / Che cosa fai?
ケコザ ファ?/ ケコザ ファイ?
職業は何ですか?
そのまま、「あなたは(君は)何をしているのですか?」という意味もあります。
職業をたずねているのか、あるいは、今している事をたずねているのかは、その時の状況で判断してください。
例えば Che cosa fai stasera? は「君は今晩、何をするの?」です。
イタリア語では、近い未来の事は現在形で言う事が出来ます。ですから、ちょっと先の予定(今晩の予定)をたずねるのにも現在形で、Che cosa fai stasera? なんですね。

< 職業をたずねる場合の他の言い方です。>
Che lavoro fa?   (直訳)何の仕事をしていますか? lavoro ラヴォーろ (仕事)
Che cosa fa nella vita?   (直訳)生活の為に何をしていますか? vita   ヴィータ(生活)

Sono impiegato. Faccio il impiegato.
ソーノ インピエガート ファッチョ イル インピエガート
私は会社員です。
左は“essere”を使った言い方、右は“fare”を使った言い方です。
“fare”を使う場合は、職業名の前に定冠詞を付けます。

ちなみに、 私は主婦なので 「Sono casalinga.」。

前置詞 per の使い方

Per me una birra, per favore. 私にビールをください。
Scusi. Per andare alla pizzeria? すみません。そのピッツェリアに行くには?
C’è una camera libera per questa notte? 今晩空いている部屋はありますか?
Ci sono treni per Roma? ローマ行きの列車はありますか?
Faccio la prenotazione del tavolo per domani. 私は明日のレストランの席の予約をします。
prenotazione プレノタツィオーネ   予約 (女性名詞)
tavolo タヴォロ   テーブル、食卓
前置詞 per は、いろんなところで使われます。

per una notte 一晩     per posta 郵便で
per due notti 二晩     per sempre 永久に
Per che ora? 何時までに?     per questa strada この道沿いに
per due ore 2時間の間     per un mese 1ヶ月の間

イタリア語で何時に?

A che ora parte il treno?
アケオーら パるテイルトれーノ?
その列車は何時に出発しますか?
何時ですか?は Che ora è? (Che ore sono?)
何時に?は、前置詞 a を使ってA che ora ~?
parte  動詞 partire (出発する)の3人称単数形

Parte alle quattro e cinque.
パるテ アッレ クアットろエチンクエ
4時5分に出発します。
alle   前置詞 a + 定冠詞 le
「A che ora ~ ?」 と聞かれたら、「alle + 時間」 で答えます。

Ci sono treni diretti per Venezia?   ヴェネツィアまでの直通列車はありますか?
Sì. C’è un intercity alle otto.   はい、10時に特急列車があります。
diretto  (ディれっト)   直通列車
intercity (インテるシティ)特急列車

今日はこんな感じです。それでは!