イタリア語の発音

イタリア語の発音

Grazieはグラッチェじゃなくて、グらーツィエ。
Valentinoはバレンチノじゃなくて、ヴァレンティーノ。

イタリア語の発音は日本語にとても近く、日本人にとっては比較的ラクです。基本はローマ字。ローマ字との違いは以下の通りです。

カキクケコはKa Ki Ku Ke Koではなく、Ca Chi Cu Che Coとなります。

サシスセソのシはSiではなく、Sciとなります。Siはスィと発音し、区別してほしいところです。

ちなみにSca Sci Scu Sce Scoという場合は、スカ シ スク シェ スコとなります。

タチツテトのチはChiではなく、Ciとなります。またCeはチェと発音します。

Ta Ti Tu Te Toはタ ティ トゥ テ トとなります。

ツは、方言による違いや例外もありますが概して母音またはn,l,r+z+母音またはzzの場合にツと発音します。例えば、Venezia=ヴェネツィア、Forza=フォるツァ、Canzone=カンツォーネ、Pizza=ピッツァ、Piazza=ピアッツァ、Paparazzi=パパらッツィ、等です。

またこのように、子音が2つ重なると、「ッ」と跳ねます。例えば、Spaghetti=スパゲッティ、Olivetti=オリヴェッティ、Mozzarella=モッツァれッラ、Puccini=プッチーニ、Fiorucci=フィオるッチ、等です。

Zが語頭に来た場合はローマ字と同じく濁ります。ただし、Za Zi Zu Ze Zoはザズィズゼゾとなり、Gi Geはジ ジェとなります。

また母音+s+母音の「s」は、北部と南部とで違うのですが、「z」と同じように濁る場合もあります。

またガギグゲゴは、Ga Ghi Gu Ghe Goとなります。

ダヂヅデドのヂヅはジズと同じく、Da Gi Zu De Doとなります。

ハヒフヘホの内、フ Fu以外はイタリア語では使われません。Fa Fi Fu Fe Foは、ファ フィ フ フェ フォとなります。

Hは発音せず、Ha Hi Hu He Hoは、ア イ ウ エ オとなります。

またVa Vi Vu Ve Voは、ヴァ ヴィ ヴ ヴェ ヴォとなります。

ヤユヨの音はイタリア語ではJで表され、イタリア語としては使いませんが、ラテン語・外来語には使われます。例えば、Juventus=ユーヴェントゥス等です。Judoを「ユード」と読むイタリア人は多いです。

LとRの発音が違うのは欧州共通で、イタリア語のLa Li Lu Le Lo(ラリルレロ)は、英語の”L”の発音と同じです。

Ra Ri Ru Re Roは軽い巻き舌でらりるれろ(ここでは区別するため、ひらがなを使います)と発音します。

そして、これが一番難しいところですが、-rra -rri -rru -rre -rroは、浅草の頑固じじい風の強烈な巻き舌で、るら るり るる るれ るろと発音します。例えば、Ferrari=フェらーり、Ferrero=フェれーろ、Ferre=フェれ となります。普通に日本人がフェラーリと言うと、イタリア人にはFelaliと聞こえます。GIANFRANCO FERREのブティックで日本人が「フェレ」なんて言うと、イタリア人は心の中で「Feleちゃうがな、フェれっやっちゅうねん!!!」と思ってることでしょう。

特殊な発音としては、Gliをリと読み、日本語の「リ」とは微妙に違います。普通の「li」を、舌の表面を口の中の上の天井にくっつける感じで発音するとよいでしょう。ただ、できない人は普通に「リ」と発音しても大して問題ありません。例えば、Famiglia=ファミッリャ、Foglio=フォッリョ、Taglia=タッリャ、等です。

また、Gna Gnoはンニャ ンニョと発音します。例えば、Bologna=ボロンニャ、Sardegna=サるデンニャ、Lasagna=ラザンニャ、Gnocchi=ニョッキ、等です。

以上、長々と書いて来ましたが、イタリアの中でも地方によってかなり発音に違いがあります。ぶっちゃけていえば、発音にそれ程細かい気を使わなくてもイタリアでは大丈夫です。ただし、冒頭の例の様に、グラッチェっていうのは直して欲しいところです。韓国人の方々は「ツェ」って母国語の発音の関係か何故か言いずらいらしいんだけど、日本人には難しくないはずです。