【文法】イタリア語のよく使う動詞 -その2

イタリア語のよく使う動詞 -その2

よく使う動詞は、fare、avere、sentireをご紹介します。

fare(ファーれ)は、do(する)を意味します。
doと同じく、いろんな意味にも派生します。
I do=Faccio(私はします)
You do=Fai (あなたはします)
She/He/It does, You(敬語)do=Fa(彼女/彼/それ, あなた様はします)
We do=Facciamo(私たちはします)
You(複数/敬語)do=Fate(あなたたちは/あなた様はします)
They do=Fanno(彼ら/それらはします)
例文:
Faccio io.(ファッチォイーオ。)=I do.「私がやります。」
Fai tu?(ファイトゥ?)=You do?「あなたがやる?」
Non fa niente.(ノンファニェンテ。)=It does not matter.「なんでもないよ。」
Lo facciamo adesso.(ロファッチァーモアデッソ。)=Let’s do it now.「それ今やっちゃおうよ。」
Fate come volete.(ファーテコメヴォレーテ。)=Do as you like.「あなたたち好きなようにしなさい。」
Cosi’ fanno tutti.(コズィファンノトゥッティ。)=They all do so.「みんなそうします。」

avere(アヴェーれ)は、have(持つ)を意味します。
haveと同じく、過去完了を表わす使い方もします。
I have=Ho(私は持ちます)
You have=Hai (あなたは持ちます)
She/He/It has, You(敬語)have=Ha(彼女/彼/それ, あなた様は持ちます)
We have=Abbiamo(私たちは持ちます)
You(複数/敬語)have=Avete(あなたたちは/あなた様は持ちます)
They have=Hanno(彼ら/それらは持ちます)
例文:
Ho capito.(オカピート。)=I understood.「分かりました。」
Hai fatto tu?(アイファットトゥ?)=Did you do?「あなたがやったの?」
Ha buona memoria.(アブォーナメモーりア。)=She/He has good memory.「彼女/彼いい記憶力持ってる。」
Non abbiamo niente.(ノナッビァーモニエンテ。)=We have nothing.「我々は何も持っていない。」
Voi avete la forza.(ヴォイアヴェーテラフォるツァ。)=You have the force.「あなたたちには力がある。」
Hanno sempre fortuna.(アンノセンプれフォるトゥーナ。)=They always have luck.「彼らはいつもツキがある。」

sentire(センティーれ)は、feel(感じる)とか、hear/listen to(聞く)を意味します。
I feel/hear=Sento(私は感じ/聞きます)
You feel/hear=Senti (あなたは感じ/聞きます)
She/He/It feels/hears, You(敬語)feel/hear=Sente(彼女/彼/それ, あなた様は感じ/聞きます)
We feel/hear=Sentiamo(私たちは感じ/聞きます)
You(複数/敬語)feel/hear=Sentite(あなたたち/あなた様は感じ/聞きます)
They feel/hear=Sentono(彼ら/それらは感じ/聞きます)
例文:
Mi sento male.(ミセントマーレ。)=I feel bad.「気分が悪いです。」
Senti, Marco.(センティ、マるコ。)=Listen, Marco.「ちょっと聞いてよ、マルコ」
Come si sente?(コメスィセンテ?)=How do you feel?「ご気分はいかがですか?」
Sentiamo la sua opinione.(センティアーモラスアオピニオーネ。)=Let’s listen to his opinion.「彼の意見を聞きましょう。」
Sentite bene, ragazzi.(センティーテベーネ、らガッツィ。)=Listen to me well, guys.「みんな、よく聞いとけよ。」
Non sentono niente.(ノンセントノニエンテ。)=They feel/hear nothing.「彼らは何も感じない/聞こえない。」

今日はこんな感じです。それでは!